酵素ダイエットの最も効果のある飲み方!4時~20時に飲めば効果大!

2017年11月1日ダイエット

酵素ドリンクで健康的にダイエット今、ダイエットや健康志向で酵素ドリンクがとても人気です。

ダイエットにも、健康のためにも、酵素は非常に重要な役割を果たします。

酵素の購入を検討している方のために、どういう飲み方をすれば健康に、ダイエットに効果があるのかを分かりやすく解説します。

よくある解説サイトのように難しい言葉は一切使わないのでご安心ください。

※本記事は酵素ドリンクを毎日少しずつ飲んでコツコツダイエットをしたり、健康を目的とした方向けの記事です。
酵素ドリンクを使ったファスティング(断食)を考えている方はこちらの記事へどうぞ。

酵素ドリンクは飲み方が分からない!

酵素ドリンクを飲んでいる方ですら、実は酵素ドリンクの飲み方をよく分かっていなかったりします。

例えば、酵素ドリンクは20時~4時の間に摂取してもそれほど効果はありません。

寝る前に飲んでいるそこのあなた。

それ、あんまり効果ないですよ。

まず、
酵素とは何なのか
どういう働きを持っているのか
何のために取り入れるのかを理解する必要があります。

そんなに難しい言葉ではありません。

そもそも酵素とは何なのか?

「酵素酵素って聞くけど、そもそも酵素って何なの?」そう思っている方も多いでしょう。

健康やダイエットのために飲んでいる方も、酵素のことをよく知らなければ効果は半減してしまいます。

酵素は、大きく分けて

  • 潜在酵素
  • 食物酵素

この2つに分かれます。

日常の中で聞いたことがあまり無いように思えますが、細かく噛み砕けば割と日常的に知っている存在なのです。

酵素とはどういう働きを持っているのか?

では、潜在酵素と食物酵素とは何なのでしょう?

また、それぞれの酵素はどのような役割を持っているのでしょう?

【潜在酵素】
潜在酵素とは、身体の中で作られる酵素のことです。

ざっくり分けてこの2つです。馴染みのある言葉のはずです。

1.消化酵素
 消化酵素とは、その名の通り、食べたものを吸収するための酵素です。

胃液や膵液、腸液が食べ物を消化してくれていると思われがちですが、それらの液体の主成分であるペプシン、トリプシン、キモトリプシン、アミラーゼ、ウンタラカンタラ…の成分は、全て消化酵素が元になって作られています。

2.代謝酵素
 代謝酵素とは、全ての生命活動を司る最も大事な酵素です。

歩くのにも、瞬きをするのにも、心臓を動かすにも、物を考えるにもこの代謝酵素があるおかげなのです。

しかし、身体は代謝酵素よりも消化酵素を優先させるという特性があるので、満腹になったら眠くなったり、頭がぼーっとしたり、活動効率が落ちるのはそのためです。

風邪を引いた時はお粥などの消化に良いものを食べるのも、なるべく代謝酵素を体内で優勢にさせて回復を促すためなのです。

【食物酵素】
食物酵素とは、その名の通り食べ物に含まれている酵素のことです。

主に新鮮な野菜や果実に多く含まれています。

食べ物から酵素を多く取り入れることで、体内の活動を活発にさせることができます。

酵素は何のために取り入れるのか?

潜在酵素と食物酵素についてはよくわかったでしょうか。

次は、「何のために酵素ドリンクで酵素を摂る必要があるのか?」というお話です。

潜在酵素は、体内で生成される酵素です。

では、現代人に何が足りないかというと、圧倒的に食物酵素の量が足りないのです。

古来より日本人は、小さい体でなぜこんなに力持ちで体力があり元気なのかという話がささやかれていました。

その秘訣は、質素ながらも酵素が多く含まれる菜食の文化だったからです。

近年、食の欧米化が進み、酵素を取り入れる事が難しくなりました。

生活習慣病と呼ばれている病気も、食生活の変遷が大きなウエイトを占めています。

当時の飛脚たちの中で、さらに走るのが達者な人たちを「早道」と言っていましたが、宮本武蔵が書いた五輪書の中で「早道は1日で40~50里(160~200km)ほども走る」と書かれています。

同じく、日本に来た小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が、その飛脚たちの体力に驚愕。
「どんな食い物を食ってるんだ」と見せてもらったら、握り飯が2つと漬物が数枚程度だと知りさらに驚愕。
そこで「よし、力を出すには肉だろ」と思い、その飛脚に試しに肉を食わせて走らせたら、胃もたれして全く走れなかった。
小泉八雲は「日本人の食事は完成されている」と悟った…。

といった記録があります

つまり、食生活が偏ってしまっている現代の中で、酵素ドリンクというものは体内の健康に対して、圧倒的な効果をダイレクトに届けてくれるのです。

しかし、酵素ドリンクは効果的な飲み方というものがあります。

体内の栄養循環の仕組みから、その効果的な飲み方を学びましょう。

人間の体内の栄養循環の仕組み

人間の身体は、24時間の間で3つの時間帯が存在します。

これを知らないことには、酵素ドリンクを飲んでいたとしても大きな効果は期待できません。

この栄養循環の時間帯は、8時間区切りできっちりと別れています。

  • 1.排泄の時間帯(体内デトックス)
  • 午前4時~12時まで

    この時間帯は、前日に取り入れたものを排出する時間帯です。

    この時に食事を摂るのは実はあまり良くないんです。

    体力のあった江戸時代以前の人たちは、食事は一日二食が基本でした。

    ダイエットや健康を意識している方は、朝に食事を摂るよりも、消化酵素を無駄に使わず循環に回すために、水分を多く取り入れるのが正解です。

    どうしても食べたいという方は、野菜や果物をよく噛んで食べるのが良いでしょう。

  • 2.食物摂取の時間帯
  • 12時~20時まで

    この時間帯が、本来食べ物を食べるのに適している時間帯です。

    取り入れた食べ物を夜間に上手く体内循環させるために、この時間に食べ物を取り入れるのが正解です。

    ここで酵素を多く含む野菜や果物を食べると、最も効果的に体内の潜在酵素を生成・循環させることができます。

  • 3.栄養吸収の時間帯
  • 20時~翌4時まで

    この時間帯は、昼~夜にかけて取り入れた栄養素を吸収する時間帯です。

    つまり、この時間帯は食べ物を食べずにしっかりと睡眠をとるのが良いのです。

    夜更かしをすると身体に良くないのは、余計な生命活動で余計な酵素を使ってしまうからなのです。

    また、睡眠の3時間前から食べ物を食べるのも身体には良くありません。

つまり分かりやすく表にまとめると…

酵素ドリンクダイエットはいつ飲めばいいか

こうなるわけです。綺麗に8時間おきに分かれていますね。

この仕組みを正しく理解すると、自ずと酵素ドリンクの正しい飲み方がわかるハズです。

酵素ドリンクの最も効果のある飲み方

つまり…

  • 朝食は酵素ドリンクに置き換え、排泄の効率を上げてあげる
  • 昼の食物摂取の時間帯に酵素ドリンクを飲むことで、夜間の吸収効率を上げてあげる
  • 20時以降および就寝の3時間前以降は食べ物も酵素ドリンクも摂らない。

要は、4時~20時の間に酵素ドリンクを飲めばいいわけです。

適切な回数は朝昼晩のうち2~3回です。

とてもシンプルな話ですが、体内の循環の仕組みを理解することがとても大事なのです。

オススメの酵素ドリンクは?

では、酵素ドリンクを使ったコツコツダイエット及び健康法は、どんな酵素を選ぶのが適しているのでしょうか。

まず、市販の酵素ドリンクはあまりオススメしません。

なぜならば、市販で商品を売る際には、卸を通したり、各店舗への輸送など、様々なコストがかかってしまい、適切な価格で出すには原料を安くしなければ世に出せない、あるいは良い物でもかなり高価格になってしまうからです。

私がオススメする酵素は、毎日酵素です。

酵素ドリンクダイエットなら毎日酵素

理由としては、酵素の量も適度に入っていて、それでいて完全に無添加かつ天然素材のみを使用しているからです。

ファスティングのやり方の記事では、ベルタ酵素というものを紹介しましたが、理由としてはベルタ酵素はかなりの種類の酵素量が配合されている反面、やや高価になっているからです。

コツコツと行う酵素ドリンクダイエット・健康法では、もちろん酵素量が多く配合されているに越したことはありませんが、毎日コツコツと飲むのであば毎日酵素の方がコストパフォーマンスが良いのです。

毎日酵素は、天然素材にしては珍しく、1本(1ヶ月分)3,490円というかなりの安値で販売されているのが特徴です。

ぜひ毎日酵素のドリンクを飲んで、健康的な身体づくりをコツコツ目指しましょう。

2017年11月1日ダイエット

Posted by yama